キャリア

キャリア

理系でもできる面接のコツと注意点

理系はコミュニケーションが苦手で、面接が不得意だと言うイメージがあります。しかし、面接を学会発表だと捉えることで、理系にとって面接はとても簡単なものに変化しませんか?なぜあなたを採用しないとダメなのか?論理的に面接官を説得しましょう。
キャリア

製薬企業で研究職につくデメリット|理学博士でも大丈夫?

バイオ系研究者の進路として、製薬企業というのは候補の1つでしょう。しかし、製薬会社には優秀な博士号取得者が多数在籍しています。その中で、就職するというのはデメリットも多いです。そもそも、理学部でも入れるのでしょうか?
キャリア

どの博士号を取るか?|専門分野による評価や価値の違い

博士号には専攻によって異なる種類がありますが、博士号はその道のプロとして認められるということです。よって、専攻を選ぶ際には、自分は何の専門家になりたいか、そしてその専攻に何が期待されているのか、よく理解した上で選ぶといいでしょう。
キャリア

博士号の取りやすさは専攻によって段違い

バイオ系の博士号は、理系の中ではダントツに取りにくい専門分野です。しかし、専攻によって取りやすさが全然違います。オーバードクターを気にされる方も多いですが、専攻を選べばほぼオーバーすることなく卒業することもできますよ。
キャリア

博士号と引き換えに失ったもの:博士号のデメリット?

博士号を取得すると、色々とメリットがあります。しかし、充実した生活、人の心、金、若さなど、様々な犠牲を払うデメリットがあります。それが嫌なら、あるいは価値を見出せないなら、軽い気持ちで行くべきではないでしょう。
キャリア

博士号を取得して得たもの:苦労して取る価値はある!

博士号を取るにはなかなか苦労するというのが一般的な印象だと思います。しかし、Ph.Dを取得することで得られることはたくさんありますよ!研究者としてのライセンスで、世界中どこでも評価されますし、研究や考え方を身につけることができてオススメです。
キャリア

博士号って何?:どうしたらバイオ系で博士号は取れるのか

バイオ系の研究に興味を持ったら、博士号を取るべきだと僕は思います。しかし、博士号とは何なんでしょうか?今回はそもそも博士号とは何か?そしてどうやったら博士号を取れるのか、必要な要件と期間、費用に関してまとめました。
キャリア

理系学生の社会人基礎力の伸ばし方

職を得るためには、社会人基礎力を身につけることが非常に重要であると繰り返し述べてきました。今回は、理系の大学生がどのように社会人基礎力を伸ばせば良いのかについてまとめました。研究室の過ごし方や学部での過ごし方など、工夫次第でできることは沢山あります。
キャリア

研究室見学のコツ:いいラボの見分け方

研究室(次の職場)を選ぶ際、気をつけて選ばなければブラックだったなんてことになりなりかねません。既にホワイトラボとブラックラボの見分け方はお話しましたが、今回は研究室見学に行って具体的にできることをまとめました。
キャリア

就活でトップ合格する意義:1番になれる会社を受けよう

就活にも、大学のように入社順位と言う発想があることをご存知ですか?僕は、とある大企業に運よくトップ合格しました。トップで受かると言うことは、入社後の成長の機会を多く経験できると言うことです。就活するなら、1番になれる会社を受けましょう。
タイトルとURLをコピーしました