就活における学歴について:学歴は重要だが、、

この記事は約5分で読めます。

こんにちは。JON@u_rigakubuです。
閲覧ありがとうございます!

昨日、就活には学歴が大切だと言う話をしました。(ちなみに、実はアカデミアは就活以上に学歴がモノを言う世界です。)1ただ、学歴ってそんなに大事なの?とも思います。今日は学歴について考えてみます。

学歴は本当に大事です

「偏差値が上の大学へ行けば幸せになれるなんてウソだ」
「実力主義の時代が来るから、偏差値で大学を選ぶな
学歴なんて就職に関係なくなる時代が、そこまで来ている」

若い皆さんはこんな話を聞いているのではないでしょうか?しかし、これから受験を迎える方は、決して騙されないでください

僕が高校生だった10年以上前から、同じことは言われていましたしかし、世の中一向に改善される雰囲気はありません。10年経った今でも学歴はめちゃくちゃ評価されています。

努力して勉強していい大学へ行ったら評価されるに決まっています。逆に受験で楽をして評価される訳がないのです。これから受験をされる方は、つべこべ言わずに必死で勉強しましょう。以下、なぜそんなに学歴が大事なのか、お話します。

学歴が大事な理由その1: コネと能力の保証

詳しくは前回の記事をご覧ください。簡単に言うと、努力をして入試を突破という結果を出したということと、入試を通じて基礎学力が保証されるからです。あなたが能力を持っていると言うことを客観的に示す分かりやすい指標になります。

よってベンチャー企業も学歴が大好きです。東大生が居ます!とか、そう言うアピールをして、優秀(そう)な人がいることをアピールしたいのです。

学歴が大事な理由その2: 上の人の価値観

今、社会に出ている大人たちは、学歴で会社が決まっていた時代の人々です。そんな人が人事をするので、学歴のある人を採用します。すると、その価値観は再生産され、学歴が似たような人で集めると言うことになります。

これは何も高学歴だけのことではありません。僕が中小企業を受けに行ったら、うちなんかにきてどうするの?勿体無いよ?と面と向かって言われました。学歴と会社というのは切ってもきれない関係にあります。そんなんだからダメなんだとも思いますが。。

学歴が大事な理由その3: グローバル化

グローバル化の波が押し寄せています。今後、出身大学はグローバルな基準で評価されることになるでしょう。

現在もその傾向はあり、意外かもしれませんが、外資系こそ学歴が大好きです。なぜなら、外国の大学のことがよくわからないので、1番あるいはトップ数校にしか興味を持たないからです。あるいは、世界的にまだ名前のある大学に行っている人を取りたいのです。2

学歴なんて運次第

とは言うものの、たった1回の試験(あるいは受け直してもせいぜい数回)で決まるっておかしいよなと思うのです。3

僕は、そこそこに良い大学に入りましたが、運だけで受かったと思っています。僕の大学受験を振り返ってみます。

あれは雪の降る寒い日でした。浪人生だった僕は、制服姿の現役生に紛れ1人赤い服を着て行き、とても浮いていました。笑(色のついた服を着た人は、僕の他に斜め前に座っていた男の人しかいませんでしたね。)

当時の僕は何とか問題に食らいついていたのですが、物理の問題でとうとうつまずいてしまいました。第1問から分からなかったのです!物理をやったことがある方は分かると思うのですが、あれは前の答えに即して徐々に難しくなっていくと言うもので、「1問目が分からない=数十点落とす」と言う危機的な状況です。そこで僕はどうしたかと言うと、カンで答えて、その答えを元に続きの小問を解きました。

その結果、奇跡的に正解しており、ほぼ最低点で合格することができました。本当についていたと思います。逆に落ちて不本意ながら別の大学に行った人には言いたいです。学歴なんて気にするな。運次第だと。

あるいは、入ってみると大したことないやつなんていくらでもいます。想像で怯えすぎだと思いますよ。4むしろ、大学に入ってからどれだけ能力を伸ばせるかが戦いで、たとえ学歴がなくとも、本当に優秀な人はいますし、きちんと評価されます。過去の結果に囚われずに、充実した学生生活を送るべきです!

学歴にコンプレックスを持つ残念な人たち

しかし過去に囚われないでとは言うものの、なかなかそう割り切ることはできないのが現状です。僕自身は本当に学歴なんて、実際の能力とは関係ない思っているのですが、どうも受験に失敗した人たちはそうは思わないようです。

例えば、学会に行っても東大生から質問されただけでビビるとか、研究内容もよく理解せずに、すごい・敵わないと思ってしまっているの人をよく見かけます。

お世辞で凄いと言うのはいいのですが、もしあなたに学歴がなくても、学歴だけで人を判断しないと言うマインドを忘れないで欲しいのです。戦う前から負けたと思っている人があまりに多すぎると思います。もっと自信を持って欲しいです。

自信のなさ、そして自信が持てるような努力を入学後もしてこなかった事こそが問題なのです。学生のうちはまだ間に合います。受験に失敗したと思ったあなたこそ、大学生活を充実させ、能力を伸ばしましょう

まとめ

ここまで学歴が大事だと言う話と、なくても自信を無くさずに努力して欲しいと言うことをお話しして来ました。やる気の無くなっていた浪人生はぜひこの記事を読んで気合いを入れ直してください。

学歴がある人も油断しないように!学歴と言うのはスタート位置に立てると言うことでしかありません。学歴があるだけでは評価されないと言う意味では、学歴が就職に関係ないと言えるでしょう。

しかし、学歴がなくても評価されるなんてことはありません。ないなら、それを覆してでも採用したいと思われるような実績が必要です。

いずれにせよ、充実した学生生活を送り、社会に出て活躍できる能力を身につけると言う基本方針は変わりません。

  1. 東大卒じゃないと言う時点で、かなりのマイナススタートだなと言うのが僕の実感です。
  2. 外資なので、採る人は当然アイビーリーグの出身者とかがたくさんいます。現地(=日本)採用するなら、1番優秀な奴を取りたいと思うのは当然でしょう。
  3. 模試の成績の積み上げ評価とかではダメなんでしょうか?
  4. 例えMITであっても、しょーむない奴はいます。その人には学会初日に会ったのですが、2日目からは学会をサボって街にポケモンを捕まえに出かけていました。能力のあるなしは学校で決まるのではなく、その人の入学後の努力によると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました