理系が参加すべきたった1つのインターンシッププログラム(後編)

この記事は約6分で読めます。
こんにちは。JON@u_rigakubuです。
閲覧ありがとうございます!

前回は、中長期インターンこさリアルな職場体験ができる唯一のインターンであると言うことをお話ししました。
今回より具体的に、インターンの応募の仕方や注意点をお話しします。

産学協働イノベーション人材育成コンソーシアム事業(C-ENGINE)とは

あなたはC-CENGINEをご存知ですか?
産学が協働して、イノベーションを担う次世代の研究者を育成し、複数大学と複数企業による「人」と「知」の交流をとおして新たな価値の創造に貢献したいという意味をこめて、次のような英文を考えました。「Collaborative Education for Next-Generation INnovators & Exploration of knowledge intersections」。これを略した「C-ENGINE」という愛称には、この事業が、日本のイノベーション人材輩出のエンジンとしての役割を果たしたいという思いを込めています。

引用元:当協議会について | 産学協働イノベーション人材育成協議会
前回の記事でこっそりリンクを張っていたのですが、このシステムは素晴らしいです。中長期インターンへ参加するなら、このシステム一択ですよ!1

会社が金のためや自社のアピールの為にするのではなく、学生にとって本当に意味のある体験の場を提供すると言う素晴らしい取り組みです。2

大学院生であれば、登録無料です。特に勧誘のメールがくることもないし、誰にも(というか指導教官に)バレません笑 今すぐ以下のリンクより登録しましょう。3

登録方法 | 院生の皆様へ | 産学協働イノベーション人材育成協議会


生き残り戦略11:

C-ENGINEを通して中長期インターンシップに参加

僕もC-ENGINEでインターンシップに参加をしました。非常によかったので、自信を持ってお勧めします。4

C-ENGINEのここが凄い

C-ENGINEのメリットは以下の通りです。
  • 経済産業省のプログラムの一環(非営利団体が運営)なので安心
  • 外には出ていない、実際の研究開発テーマを知れる
  • 通常のインターンより圧倒的に低倍率
  • 採用に有利に働く(ハズ)
  • 原則、遠方でも宿泊費を出してくれる
  • インターン開始にあたり、大学からフォローを受けられる
いいことずくめじゃないですか?
色々述べましたが、圧倒的に他と違うのは、以下の4点だと考えます。

C-ENGINEに登録すべき理由1:今やっている研究テーマを知れる

会員登録すると、様々な企業の研究開発テーマや求められている研究技術を一覧で知れます。すごくないですか?説明会に行っても、サイトを見てもそんなことは書いていません。なぜなら秘密にしておきたいからです。

しかし、C-ENIGINEは会員制なので、一歩突っ込んだ情報を得られます。さらに実際にインターンに行くと、機密保持契約を結ぶので、いろいろな外に出ていない情報を知ることができますよ!

また、どんな研究技術が求められているかも知ることができました。そこへ向かって、自分の研究の方向性を多少ずらすというのもいいかもしれません。5

C-ENGINEに登録すべき理由2:圧倒的に低倍率

特定の大学に所属する、院生専門のインターンなので倍率が低いです。あなたが対象大学に所属しているなら、通常とは違う圧倒的に低倍率なルートでインターンに応募できるという、絶大なメリットがあります。67

そして、求人も院生に特化したものが載っています。カスみたいな情報の山から、適切なものを選ぶという手間が省けますね。

C-ENGINEに登録すべき理由3:就職に圧倒的に有利

本プログラム、企業は100万円払ってプログラムに参加をしているようです。ということは普通に考えて、見返りを求める訳です。表向きは採用に直結しないと書いてありますが、実際そんなわけないんじゃない?と思いませんか?


少なくとも、前回お話しした通り、時間がある分ありのままのあなたの研究遂行能力や人となりを理解してくれることは間違いありません。間接的にでも圧倒的に有利になることは間違いないでしょう。

C-ENGINEに登録すべき理由4:大学の正式なプログラムの一環

普通のインターンは個人と企業でやるものです。しかし、C-ENGINEは間に大学が入っています。そうすることで、インターンシップの質が保証されますし、学内でのサポートを受けることができます。

正課の授業に近い形でインターンに行けるわけです。凄くないですか?

さらに、名刺の交換の仕方や企業でのインターンを行う上での注意点など、(うちの大学だけかもしれませんが)事前にレクチャーを受けられます。安心感がありますね。

研究との折り合いのつけ方

唯一問題になるのは、指導教官が許してくれないということだと思います。あるいは、自分が研究できないのが気になるというところでしょう。

しかし、アカデミアに残るか、あるいは会社に行くか、またどの会社に行くのかというのは、人生においてなかなかに大きな問題です。誰になんと言われようと、自分の意見を通すべきです。8

というか、社会で求められているのは、上になんと言われようと、それを納得させて自分のやりたいことをやるという主体性です。教授の言いなりになっているようではダメです。9

対処法としては3つです。
  • 実験を本気で詰めてやる。
  • 自分の研究にもプラスになるテーマを選ぶ。
  • 卒業を延ばす。
卒業が延びるのはちょっとと思うかもしれませんが、数ヶ月後ろにずれるくらい、なんの問題もありません。それで職業の適性を見極め、正しい選択をすること、また無駄に高倍率な就活を回避できる可能性があるなら、やるべきでしょう。


逆に、企業なんてしょーむないわと言って、アカデミアに残ると決意を深めた友人もいました。アカデミアに残るか迷っているなら想いを断ち切る意味でも参加をすべきでしょう。

まとめ

こC-ENGINEの宣伝記事になってしまいましたが、本当にお勧めできます。
あなたもいかに素晴らしい取り組みか分かっていただけましたか?分かったなら、ぜひ登録を!分からなかったなら、登録して調べて下さい笑

登録方法 | 院生の皆様へ | 産学協働イノベーション人材育成協議会
  1. 別にお金をもらっていませんよ笑 ただ、一般的にこう言う記事の場合、広告の為にやっている人も多いので注意して下さいね!世の中の就活記事は文系向けで、かつ金を儲ける為に書かれていることが多いです。
  2. 企業の方も、外から専門的な意見を取り入れることで、新たな発見や問題解決ができると言う双方にとって利益のあるシステムです!
  3. ますます詐欺サイトみたいですね笑 違うので安心してください!
  4. 残念ながら、参加可能な大学は限られています。後、院生向けのプログラムということだけが唯一のデメリットです。
  5. 求められていることをやり過ぎてもしょうむないですけどね。バランスが大切です。
  6. ちなみに対象大学は旧帝大をはじめとした、偏差値の高い大学ばかりです。学歴フィルターかよ!と思われるかもしれませんが、就活も学歴フィルターがガンガンかかっているというのが現状です。
  7. 学歴がないから能力がないというつもりは全くありませんよ!真に能力のある人が評価されるべきだと思いますね。
  8. 僕も猛反対されましたよ笑
  9. あなたの為を思って言ってくれているとは思いますが。研究で数ヶ月遅れるというのは痛いですもんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました