就活とは何か?その5:AI時代におけるバイオ系の対抗策

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。JON@u_rigakubuです。
閲覧ありがとうございます!

5日連続でお届けしてきた「就活についての概論を真面目に語る」、いよいよ本日が最終日です。

前回は理系の就活に関して、一般的な就活は全くもって無駄であるという話をしました。今回、AIに対する考え方を述べて終わりたいと思います。

世の中AIだ!食いつくべきか否か。

近頃AIという言葉を聞かない日はありませんよね。就活市場においても、AIの嵐は吹き荒れています。どれくらい吹き荒れているかというと、生物系の博士過程を卒業予定の僕ですら、AI人材として採用されてしまいます。*1

あと数年間は間違いなく「AIできます!」と言ったら引く手数多であることは間違い無いでしょう。さて、問題はあなたがAI人材になるべきか否かでしょう。

僕の答えは、、微妙な所ですね。(はっきりしろよというツッコミが聞こえてきますね。)

ポイントその1:流行り廃りがあるので、今流行っていても将来は分からない

実は今は第三次人工知能ブームと言われています。ご存知でしたか?今や花形のAI研究者ですが、ブームが去った後かの有名な統数研ですら冷や飯を食わされていた時代があったそうです。

また、バイオ冷遇の現状からはにわかには信じがたいかもしれませんが、バイオブームというのも実はありました。20世紀末から21世紀初頭にかけては、DNAの切り貼りができるというだけで大変重宝され、例えばパソコンを作っている会社もバイオ部門を持ったりしていたという時代があったそうな。

bio.nikkeibp.co.jp

そのブームに乗って入社した先輩はどうなったか?僕の知っている例では、部門ごと廃止されて、転職を余儀無くされた人がいます。

このブームに乗るか否か、見極めるバックキャスティング能力が問われているでしょう。*2

ポイントその2:プログラミングはバイオ研究を加速するのでやるべき

バイオ系にも、AIの波は押し寄せています。トップジャーナルにも、AIで〜と言った論文が多く出るようになってきましたね。AIかどうかはともかくとして、バイオ研究においてもイメージングなどをするとデータは膨大ですし、時系列データも取り放題という時代がきています。

すると、その膨大なデータを処理する力は必ず必要になるのは間違い無いと思います。それがAIかどうかはさておき、データを効率的に処理するという能力は確実に役に立ちます。

よって、僕はまずは簡単でいいのでプログラミングを習得することをお勧めします。

生き残り戦略その7:

バイオ系だけどまずはプログラミングは習得しよう*3

AI恐るるに足らず。発想が大切だ。

AIにより5割の職が消滅するとも言われていますよね?世に出回っている元となったのは、こちらの論文かと思います。

雇用の未来

AIができないとヤバいぞという雰囲気はあるので、僕のブログを読んでくださっているのでしょうか?

でも安心してください。研究者は、なくならないクリエイティブな仕事に含まれています。地に足をつけて、着実に研究能力を身につけることができれば、AIには勝てるでしょう。以下で理由を述べまます。

AI人材と言っても、、

どのようにAIを使えばいいのかという優れた技術を持った人は、世の中に沢山います。しかし、僕の尊敬する先輩に言われたのは、

「彼らの大半はAI技術者であって、研究者では無い

ということです。

つまり、AIの使い方分かるだけで、それを使って何をするか?あるいは、何をする必要があるのかということを論理的に考える、ストーリーを考える、と言ったことはできないそうです。

よって、我々は、AIで何ができるか?ということさえ最低限理解しておけば、それができる人にやってもらうことができるので、問題ないということです。

むしろ、何にどう使って何をするか?というアイデア・発想の部分、そして論文を読んで最先端の知識を手にいれるという情報処理能力さえあれば、AI人材にも太刀打ち可能であるのです。

生き残り戦略8:

AIで何ができるかを知っておく。実際にできなくても問題はない。

まとめ

ここまで、AIはとても便利な技術だが、必要以上に恐れる必要はないというお話をしました。

就活においてと同様に、AIに対しても、日々の研究に真摯に取り組むことこそ最大の対抗策であるということをご理解いただけたでしょうか?

今回で就活特集は一旦おしまいです。とはいうものの、今回述べたのは概論に過ぎません。今後、もっと具体的な戦略をお伝えしていくつもりなので、気に入っていただけた方は、是非twitterJON@u_rigakubuのフォローをお願いします!*4

明日は更新をお休みして、ページのレイアウトを変更する予定です。

*1:研究で多少AIを使った解析の経験があったのです。そんな大したことない僕でも、逆求人サイトに登録したら、データサイエンティストとしてめちゃくちゃオファーがきました。

*2:僕ですか?バイオとAIに両足をおいて、あと5年は様子見ですね。AIオンリーの大企業から研究員のオファーを頂いたのですが、AIオンリーにはリスクを感じてお断りさせて頂きました。

*3:僕は全くの素人から独学で習得しました。どうしたらプログラミングできるの?ってのもよく聞かれるので、がっつり記事を書く予定です。

*4:ちなみに僕はこのブログのためにtwitterを始めた初心者です。何か使い方間違ってたら、教えて頂けると幸いです。例えば数日前、ハッシュタグには句読点を使えないということを知りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました