【自己紹介】このブログについて

この記事は約4分で読めます。

自己紹介: ヒモ野郎です。

はじめまして!JON@u_rigakubuです。このブログはこのような人間が書いております。よろしくお願いいたします!

【年齢】アラサー

【職業】研究員・主夫 → 大手メーカー勤務予定

【収入】ほぼゼロ。奥さんに養ってもらっています。

【出身】理学部(生物)

【研究】遺伝学、生態学

【学位】博士号(理学)、リーディング大学院修了

【留学】アメリカに3ヶ月

【趣味】研究、海外旅行、スマートホーム化

無収入でも人は幸せになれるものなんだとしみじみ思う今日この頃です。(奥さんには頭が上がりません。)

コメントなど、twitterまでお気軽にご連絡ください。こんな記事を書いてくれ!などのご要望も頂けると喜んで書きます。匿名質問箱も設けております。

peing.net

ブログを始めたきっかけ: バイオ系は就職できない?

現在は残念ながらバイオ系は就職難で、AIが持て囃される時代と言われています。

特に理学部なんて就職無理学部と言われるくらいで、大変就職が厳しいというのが世の中の認識のようです。

試しに「バイオ 就活」でググると、ネガティブな情報が目につきます。

しかし、僕は学部時代から確信していました。

いや、理学部はバイオ系であっても就職には有利にはたらくはずだ」と。

あるいは、「博士号を取っても就職には有利にはたらくはずだ」と。

そして実際にバイオ系に進学し、オーバードクターした上、アカデミアから去ることにした僕でも、就職ランキング(笑)にランクインするような大企業12から、次々と内定を頂くことができました。

ただ一方で、(明らかに僕より優秀な人たちが)実際に就活で苦労しているというのも事実としてあることは認めます。

そう、世の中の認識から僕の考えはずれているということは分かっているつもりです。

しかし、僕は思います。

世の中何か間違っているよな

能力がある人は正当な(僕よりももっと高い)評価を受けるべきですし、研究がしたいならまずは博士課程へ進学していいはずです。そこで就活の記憶がフレッシュな今、ブログを通して、

博士かつバイオ系かつ理学部という進路を選ぼうが、いくら世の中AIだと言われようが、どんな状況でも生き残っていける人生戦略を発信し、

研究が好きで理学部へ行きたい、バイオ研究がしたい、学位を取りたいという方を全力で応援したいと思いました。

ブログの目的

前節で述べたことの繰り返しになりますが、直近の目的としては、以下のことを伝えたいです。

  • 理学部でも大丈夫。経済学部の方がよっぽどやばい。3
  • 博士号を取得しても大丈夫。むしろ取れ。
  • バイオ系でも大丈夫。興味を持ったら仕方ない。
  • AI時代でも大丈夫。リスクヘッジしよう。
  • 人材紹介業者に影響されない情報発信(広告入れません!4

しかし、僕の考えが100%正しいと主張するつもりは毛頭ありません。(またあなたの選択に関し、一切の責任を負いかねます。)ぜひ批判的に読んで頂き、コメントをください!より良いキャリア選択の参考になれるような情報を、一緒に作っていきましょう。

また、本を書くという夢があるので、個人的な目標としては文章力を向上させたいと思っています。

このブログでお金を儲けるつもりはないので、広告は入れません。金儲けの為の嘘情報にも僕はうんざりしています。5

誰に向けて書くか

ここまで、理学部・バイオであることを全面に押し出してきた通り、

  • バイオ系の学生・若手研究者
  • 理学部の学生
  • 修士および博士課程の学生

にはタイムリーな話題を提供できるかと思います。

しかし、それ以外にも、

  • 大学教員(恐れ多いですが。。学生の状況を知って頂きたいです。)
  • 就活を考えている方(理系・文系問わず。)
  • 進路に迷う高校生や親御さん
  • 文学部の方(理学部の友達だと勝手に思っています笑)
  • 転職を考えている方

といった方々にも参考になるように書くつもりです。

ここまで読んで頂きありがとうございました!まだまだ僕に興味を持ってくださる方はこちらを読んで頂けると嬉しいです。

  1. ランキングなんて何の価値もないです。受ける価値のない会社リストだと思ってもらってもいいですが、僕の場合は別の目的があり大企業だけ受けました。
  2. 大企業に入るべきなのか?という記事はこちら
  3. ちなみに、文学部は就職に有利になっていくと僕は考えています。
  4. 世の中の就職関連情報は、読み手の為でなく、金儲けの為に書かれている情報が本当に多いのです。
  5. 誰かの意図で本ブログを運営している訳ではありません。この点に関しては安心してください。そもそも想定読者から考えてマーケティング的に儲からないですし笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました